>> 自己破産する前に読んでください!

借金滞納者が語る自己破産のメリット・デメリット

コタローです。

この記事では、4000万円の借金を滞納中の僕が考える自己破産のメリット・デメリットについてお伝えします。

借金が払えず自己破産をするかどうか悩んでいる人には、特に参考にしていただけると思います。

借金が返せない=自己破産という考えはいったん脇において、ひとまずこの記事を最後まで読んでみてください。

自己破産するのは、それからでも遅くはないはずです。

自己破産のメリット・デメリットについて

法律の力を借りて借金をチャラにできる自己破産。

当然ですが、メリット・デメリットが存在します。

まずは、自己破産のメリットからお伝えしていきます。

自己破産のメリット

自己破産のメリットは、以下のようなものです。

自己破産のメリット
  • 法律の力で、強制的に借金をすべてチャラにできる
  • 債権者による取り立てや強制執行がなくなる
  • 差し押さえ禁止財産や自由財産は残すことができる

一つずつ簡単に説明します。

法律の力で、強制的に借金をすべてチャラにできる

どれだけ多くの借金があっても、法律の力を使って強制的に借金をすべてチャラにできます。

ただし、税金はチャラにはできないので、滞納している税金は支払わなければなりません。

債権者による取り立てや強制執行がなくなる

自己破産の手続きを開始した時点で、債権者からの取り立てや催促はストップします。

差し押さえ禁止財産や自由財産は残すことができる

法律で差し押さえが禁止されている財産(生活に必要な家電や家具など)と99万円以下の現金は手元に残すことができます。

普通に生活していれば、身の回りにあるほとんどのものが差し押さえ禁止財産に該当します。

ただ、絵画や貴金属、高級車などの資産価値のある財産は差し押さえの対象です。

自己破産のデメリット

では、次に自己破産のデメリットを紹介します。

自己破産のデメリット
  • 換金性のある資産はすべて差し押さえられる
  • ブラックリストに一定期間登録される
  • ブラックリスト登録中は新たな借り入れができない
  • 自己破産手続き中は自由に引っ越しできない
  • 自己破産手続き中の郵便は破産管財人のチェックが入る(宅配便は除く)
  • 費用が高額
  • 自己破産の事実が官報に掲載
  • インターネット上のサイトでさらされる
  • 市区町村の破産者名簿に名前が載る
  • 手続き中に就労できない職業がある
  • 連帯保証人の債務は消えない
  • 自己破産には覚悟が必要

客観的に見て、自己破産はメリットよりもデメリットのほうが格段に多いです。

一つずつ簡単に説明していきます。

ブラックリスト登録中は新たな借り入れができない

自己破産手続き中は自由に引っ越しできない

自己破産手続き中の郵便は破産管財人のチェックが入る(宅配便は除く)

換金性のある資産はすべて差し押さえられる

自己破産には同時廃止事件と管財事件があり、管財事件になると換金性のある資産は、差し押さえ禁止財産と自由財産(現金99万9000円)以外はすべて差し押さえられ換金されて配当に充てられます。

管轄の裁判所によって違いはありますが、例えば東京であれば33万円以上の現金があるとか、20万円以上の換金価値のある資産を所有しているとか、個人事業をしていて資産の調査が必要だと判断された場合なども管財事件として扱われます。

管財人の弁護士に資産をすべて調べられ、銀行口座も握られてしまううえ、債権者への配当は後回しにして、報酬をガッポリと持っていきます。

もちろん、土地や家などの不動産は残すことができません。

ブラックリストに一定期間登録される

自己破産すると、ブラックリストに登録されます。

通常は10年ほどと言われていますが、もっと短いかもしれませんし、逆に長いかもしれません。

実際のところは分からないですが、とにかく一度自己破産すると、かなり長期間にわたってブラックリストに掲載されるということは確実です。

ブラックリスト登録中は新たな借り入れができない

ブラックリスト登録中は、新たな借り入れができません。

自己破産しているので、まあ当然と言えば当然ですね。

自己破産手続き中は自由に引っ越しできない

自己破産の手続き中は、引っ越しも制限されます。

近所の目もあるので住む場所を変えたいと思っても、自己破産の手続きが終わるまでは、住居を変えることはできません。

自己破産手続き中の郵便は破産管財人のチェックが入る

自己破産手続き中の郵便は破産管財人のチェックが入ります。

僕は、郵便の中身を他人に見られたくはありません(宅配便は除く)。

費用が高額

管財事件扱いになると、裁判所に納める予納金や管財人への報酬なども含め同時廃止事件よりもさらに費用が高額になります。

差し押さえ禁止財産や自由財産(99万円の現金)は手元に残すことができますが、予納金や管財人への多額の報酬を支払わなければならないため、苦しい再出発となる可能性が高いです。

自己破産の事実が官報に掲載

自己破産者として官報に名前や住所が掲載されます。

インターネット版官報自己破産
インターネット版官報スクリーンショット

官報はインターネット上で誰にでも見ることができ、個人名での検索もできるため、身辺調査にも利用されたりと、将来的にいろいろと不利な状況が生まれてしまう可能性は否定できません。

官報閲覧自己破産名前検索
Yahoo検索スクリーンショット

そして、この事実は子々孫々、未来永劫残り続けるのです。

インターネット上のサイトでさらされる

以前、全国の破産者が氏名などの個人情報とともに地図上にピンで表示される「破産者マップ」というサイトが公開され、物議をかもしました。

破産者マップ
破産者マップスクリーンショット

このサイトはすでに閉鎖されていますが、現在は「モンスターマップ」というサイトにて引き続き破産者情報が日々更新されているという状態です。

追記:モンスターマップも閉鎖になりました。が、また同じようなサイトが出てこないとも言えません。

自己破産すれば確実にバレます。

未来永劫、子々孫々までデジタルタトゥーとして刻まれます。

自己破産の事実を隠し通すことは不可能です。

市区町村の破産者名簿に名前が載る

破産者名簿に名前が載り、その事実はこの世から去っても残り続けます。

手続き中に就労できない職業がある

自己破産の手続き中に限定されますが、公務員や士業、生命保険の営業、宅建、警備員など、従事できない職業があります。

そのような仕事をしている場合、一旦休業するか、場合によっては退職しなければならなくなってしまうかもしれません。

連帯保証人の債務は消えない

自己破産をしても、連帯保証人の債務は消えません。

なので、連帯保証人には引き続き取り立てがおこなわれてしまいます。

連帯保証人が返済できなければ、最悪の場合、連帯保証人も自己破産に追い込まれてしまう可能性もあるということです。

なお、この連帯保証人制度については2020年4月に内容が変わり、これまでのように簡単に連帯保証人になれなくなったことや、内容に不備があった場合などは連帯保証人の契約を破棄できるなど、連帯保証人が保護されるようになりました。

ただ、変更前の契約には新制度の内容は適用されませんし、ダマされて連帯保証人になってしまったというような場合以外は、基本的に連帯保証の債務からは逃れられないと思っていたほうがいいでしょう。

自己破産には覚悟が必要

自己破産をするためには、すべてを差し出さなければなりません。

財産も仕事も名誉も、すべてです。

僕はやっていないので無責任なことは言えませんが、間違いなく過酷で苦しい道になるということは容易に想像がつきます。

一生、自己破産者として生きていかねばならないのですから。

そして、先ほどもお伝えしたように、死んだあとも自己破産者という事実は人の目に触れる場所に永遠に残るのです。

あなたには、その覚悟はありますか?

借金滞納者が語る自己破産のメリット・デメリット:まとめ

借金4000万円を滞納しながら自己破産していない僕がお伝えしてきた、自己破産のメリット・デメリット、いかがだったでしょうか。

弁護士や自分とは関係ない第3者は、簡単に自己破産などと無責任なことを言いますが、実際はそんなに軽いものではありません。

皆、しょせんは他人事なのです。

「借金が返せない=自己破産」などという短絡的な思考は、後々の後悔を招きます。

多額の借金を法律の力を使って強制的にチャラにするのですから、相応の代償を払わなければならないのは当然のことです。

自己破産をさせることで利益を得る人間たちは、危機感や恐怖をあおり、自己破産をすれば、いとも簡単に、まるで魔法のように借金苦から抜け出せると甘い言葉をささやいてきます。

が、現実はそんなに甘くない。

自己破産は終わりではなく、そこからが始まりです。

自己破産後も、まだまだ人生は続いていきます。

自己破産者であるというレッテルを、一生背負い続けて生きていかねばならないのです。

自己破産は、自分だけでなく、家族や子孫などにも影響が及びます。

そして、そのような問題や苦しみを、無責任に自己破産をあおったヤツらは知るよしもない。

実際、結婚や就職などのときに身辺調査されてご破算になった、という話なんていくらでもあります。

自分だけじゃなく、子供の結婚や就職にだって不都合が生じてくる可能性もあるのです。

自己破産をするには相当な覚悟が必要で、それくらいの覚悟があるなら、一時的な債権者の催促や転職の苦労にだって十分耐えられるのではないでしょうか。

ぜひ、メリット・デメリットを十分に検討したうえで答えを出して欲しいと思います。

参考になれば幸いです。

コタロー

ブログでは書けない裏情報を公開中!
この記事を書いた人

4000万円の借金を滞納しつつ生きてるアラフォーリーマンです。任意整理や自己破産してません。住宅ローン払えなくなり家が差し押さえられましたが、今も変わらず住んでます。車も乗ってる、クレカも持ってる、生命保険もかけてる、学費も工面できてる。普通じゃない方法で借金解決を目指してます。

コタローをフォローする
自己破産のメリット・デメリット
コタローをフォローする
借金備忘録

コメント