>> 自己破産する前に読んでください!

お金貸したら音信不通…警察は動いてくれる?

コタローです。

お金を貸したら音信不通。

警察に、

「お金返してくれません!逮捕してください!」

と駆け込んだら警察は動いてくれるのか?

結論から言うと、残念ながら警察は動いてくれません。

口約束の場合はもちろん、仮に契約書や借用書があったとしても。

これは、銀行などの貸金業者や個人間でも同じです。

民事不介入、というやつですね。

お金をだまし取ったという明確な証拠があれば、詐欺罪で逮捕される可能性はあるでしょう。

が、詐欺であることを立証するのも簡単ではないです。

で、もし詐欺で逮捕できたとしても、お金の取り立ては自分でやらなければなりません。

「お金返せ!」って脅したり怒鳴り込んだりすれば、逆に自分が恐喝罪などで逮捕されることにもなりかねないです。

なので、裁判で勝って判決を取ってから取り立てるという流れになります。

ただ、裁判に勝ったからといって、お金を返してもらえるわけではありません。

というのも、貸した人が返せるお金を持ってなければ、お金を取ることができないからです。

その場合、債権や資産を差し押さえることになるわけですが、、、

口座にお金がなければ債権を差し押さえても意味ないですし、動産を差し押さえても換金は自分でしないといけません。

じゃあ家や土地などの不動産を差し押さえればいいのでは?と思われるかもしれません。

が、不動産の差し押さえは、いろいろとハードルが高く制約も多いです。

費用もかなりかかるので、個人間のお金の貸し借り程度で実行するのはまず割りに合わないと思います。

お金を貸して音信不通になったら、まず返ってこないと思って間違いないです。

信用できない人にお金は貸さないこと。

もし貸すのであれば、返ってこない前提で貸すこと。

よくある話ですが、これは間違いないと思います。

まあ、お金の貸し借りはしないに越したことはないですね。

経験談です、はい。

借金に困っていたらこちらもご参考に。

コタロー

ブログでは書けない裏情報を公開中!
この記事を書いた人

4000万円の借金を滞納しつつ生きてるアラフォーリーマンです。任意整理や自己破産してません。住宅ローン払えなくなり家が差し押さえられましたが、今も変わらず住んでます。車も乗ってる、クレカも持ってる、生命保険もかけてる、学費も工面できてる。普通じゃない方法で借金解決を目指してます。

コタローをフォローする
借金豆知識
コタローをフォローする
借金備忘録

コメント