>> 自己破産する前に読んでください!

自己破産できない&ある借金コンサルタントとの出会い

コタローです。

年が明けて、2018年。

毎年恒例の初詣に行き、神頼みをして商売繁盛の熊手を購入。

例年よりおさい銭も奮発して奇跡が起こるのを期待しましたが、何も起こることなく静かに1ヶ月が過ぎました。

普段お参りもしないくせに、困ったときだけ神頼みなんて、やっぱり調子が良すぎますかね…。

当面は大きな仕事もなく、資金不足を補えるような入金の予定もない。

さらに、春には所得税や消費税など、数十万円単位の税金の支払いも待っています。

年明けに多少の入金はあったものの、焼け石に水状態で支払いが全然追いつかず。

口座の残高がみるみるうちに減っていきます。

このペースだと、もうあと2ヶ月もちません。

本当に、いよいよ追いつめられてしまいました。

ある借金コンサルタントとの出会い

もうどうしていいか分からなくなり、知り合いの社長さんにすべてを打ち明けてみました。

すると、事業再生や借金問題に詳しい専門家がいるからと、そのコンサルタントを紹介してくれることになったんです。

てっきり会社をたたんで自己破産しなさい、くらいのことを言われると思っていたので、ちょっと意外な展開です。

ただ、その社長さんも具体的な内容についてはまったく分からないので、直接話を聞いて判断してくださいとのことでした。

自己破産以外にどういう解決方法があるのかまったく想像も付きませんでしたが、わらにもすがる思いで、とにかく話を聞いてみることにしました。

電話で連絡を取り、僕の状況を伝えたところ、後日改めて直接面談という流れに。

借金が返せない?だったら…

数日後、その借金コンサルタントのオフィスを訪ね債務状況や資金繰りの状況を説明しました。

一通り説明が終わると、そのコンサルタントは

「もうどうしようもないですね。今すぐ返すのをやめてください」

と言いました。

「え?返すのをやめる?そんなことして大丈夫なんですか?」

想定外の答えに戸惑う僕を尻目に、そのコンサルタントは続けます。

「大丈夫もなにも、もう2ヶ月もたないでしょう。これ以上返済しても無駄なので、まだ口座にお金が残っている今のうちに返すのをやめて、少しでも資金を確保することが先決です」

ちょっと衝撃的すぎて、そのときは内容が全然理解できませんでした。

「借金を返すのをやめたらどうなるんですか?家だって担保に入ってるし、親や嫁さんも保証人になっているんですけど大丈夫なんでしょうか?」

質問攻めする僕に、コンサルタントは

「今いろいろ説明しても仕方ないので、まずはとにかく私の言う通りにやってみてください。債権者の出方を見ながらその都度対応方法を教えます」

と返しました。

さすがにそれはヤバいんじゃないか、取り返しのつかないことになるんじゃないかと思い、

コタロー
コタロー

「借金を返さないっていうのはマズイ気がします。やはり、自己破産をするなどちゃんとした手続きを取った方がいいんじゃないでしょうか?」

という僕に、

「コタローさんがそうしたいというのであれば、それでも構わないと思います。ただ、簡単に自己破産と言われていますが、自己破産がどういうものかきちんと理解していますか?」

と、コンサルタント。

「まずは、自己破産がどういうものかしっかり調べてみてください。そして、それでも自己破産をしたいということであれば、弁護士のところに行けば喜んでやってくれるでしょう。

でも、自己破産するにも結構な額のお金がかかります。それに、先ほどもご説明した通り自己破産などしなくても合法的に借金問題は解決できるのです。

私は、そのやり方をお伝えしています。

今この場で答えを出す必要はありません。持ち帰って、どちらがコタローさんにとって一番いいのかしっかりと考えてみてください。

ただ、いずれにしても決めるなら早い方がいいです。

もし、今後も私のサポートを受けてみようと思われたなら、1秒でも早くその意思をお伝えください。取り掛かるのが早ければ早いほど、多くのお金を残すことができるでしょう」

本当に自己破産せず借金も返さず解決できるんだったら、そんなベストなことはない。

でも、それを実行する不安や恐怖をどうしても拭い去ることができませんでした。

念のため弁護士にも相談

支払いをやめるか、それとも自己破産か。

判断に迷った僕は、念のため弁護士の話も聞いてみることに。

インターネットで弁護士を検索し、借金問題に詳しそうなところを見つけて面談に行きました。

例のごとく債務状況やキャッシュフローの状況を伝え、一通りヒアリングを終えるとその弁護士は、

「直近で業績が大きく改善する見込みもないですし、これ以上続けても状況はどんどん悪化していくだけです。

今後のことを考えると、今のご商売は諦められた方がいいでしょう。

債務状況から考えて、任意整理してもほとんど意味がないので、やるなら自己破産しかありません。


借金はすべてゼロになりますから、もう支払いについて悩むことも苦しむことも金輪際なくなります。

大切なご家族様のためにも、取り返しがつかなくなる前に自己破産でリセットして楽になりましょう」

この言葉で、僕の心はグラッと揺れました。

借りたお金を返さないなんて、やっぱり仁義にもとる。

返せなくなった責任は自分にあるんだから、ちゃんとした手続きで正々堂々やるべきだ。

そのときは、確かにそう思ったのです。

そして、手続きをお願いしようと心が決まりかけたとき…

「で、自己破産をするのにかかる費用なんですが、資産や債務額から考えると、裁判所に納める費用も含めてざっくり100万円以上は必要になると思われます」

え?

100万円?

一瞬、僕は固まりました。

お金がないから相談に来てるのに、100万円なんて大金出せるわけがないじゃないか…。

「100万円ですか、結構かかりますね…」

口をつぐんでしまった僕に、弁護士先生は

「大丈夫ですよ。費用については分割でも対応しています。

金利もかかりませんし、回数も状況に合わせて臨機応変にご対応させていただきますので安心してください」

とおっしゃいます。

コタロー
コタロー

いやいや、借金をゼロにするために自己破産をするのに、そのために借金をつくっちゃったら何の意味もないじゃんか…。

「はぁ、分かりました。検討してみます…」

と、僕。

「はい、十分にご検討されてください。でも、残された時間はほとんどありませんし、最悪の状況を回避するための方法は、もう自己破産しかありません。

少しでも早く手続きに入る方がコタローさんのためだということは、重々ご承知おきくださいね。

では、いつでもご連絡お待ちしています」

コンサルタントの言っていた、自己破産にもお金がかかるって、こういうことだったのか。

半信半疑、だけどもうやるしかない

自己破産するために100万円を分割で、なんて本末転倒なことはもうやっていられない。

正直半信半疑ではありましたが、この状況を何とかするには、もうコンサルタントに言われた方法を実行するしかありません。

家族にすべて打ち明けて、何とか了解も得られたので、改めてコンサルタントに連絡を取り、コンサル契約をお願いすることになりました。

借金を返済せず、自己破産もせず問題を解決するなんて、本当にそんなことが可能なのか?

実際、ネット上を探してみると、借金を返さないことを指南している人なんかも散見されます。

でも、もっともらしいことを言ってはいるものの、みんな自分ではやってないんですよね。
※僕が契約したコンサルタントは自らやってる

自らの経験談じゃないので、いまいち説得力がないというか。

まあ、正直こんな汚れ役なんて、みんなまっぴらごめんでしょう。

僕だって、はっきり言ってこんなことしたくない。

でも、法をおかさず、任意整理や自己破産もせず、借金を返すことなく問題解決できるというのが本当なら、僕はそれにチャレンジしてみる価値はあると思いました。

この方法で本当に借金問題が解決できるとしたら、僕のこの経験は、世の中の借金で悩んでいる多くの人の役に立つことができると考えたからです。

どうせやるなら、とことんやってやろうじゃないか。

僕は、覚悟を決めました。

さあ、コンサルタントの言う通り準備をして、いよいよ2ヶ月後には返済ストップです。

これからどんなことが起こるのか。

乞うご期待。

ブログでは書けない裏情報を公開中!
この記事を書いた人

4000万円の借金を滞納しつつ生きてるアラフォーリーマンです。任意整理や自己破産してません。住宅ローン払えなくなり家が差し押さえられましたが、今も変わらず住んでます。車も乗ってる、クレカも持ってる、生命保険もかけてる、学費も工面できてる。普通じゃない方法で借金解決を目指してます。

コタローをフォローする
借金エピソード
コタローをフォローする
借金備忘録

コメント