>> 自己破産する前に読んでください!

自己破産の弁護士費用を分割払いってマジ!?

コタローです。

自己破産するにもお金がかかります。

しかも、決して安い額ではありません。

僕は、弁護士に相談に行ったとき「最低でも100万円はかかるだろう」と言われました。

自己破産するには、弁護士に支払う報酬以外にも裁判所に納めなければならない費用や、その他いろいろな手数料などが必要です。

これは、個々の債務額や資産状況によっても変わりますが、なんだかんだでそれなりの金額がかかってきます。

自己破産するにも、そのための資金が必要なわけです。

借金して自己破産の矛盾

お金がないから自己破産しようとしているのに、そのためにまとまったお金が必要なんて言われても、どうしようもありませんよね。

弁護士に相談に行ったとき、

「もう自己破産するしか方法はありません。一刻も早く自己破産して楽になりましょう」

みたいなことを言われましたが、そもそもお金がないのに100万円などという大金用意できるわけがありません。

「100万円ですか、結構かかりますね…」

という僕に弁護士先生は、

「コタローさん、安心してください。今100万円がなくても大丈夫です。お支払いは分割払いにも対応していますよ。金額や回数もコタローさんの状況に合わせてご相談に応じます」

などとおっしゃるわけです。

ただ、考えてみてください。

分割払いと言っても、要するに借金です。

自己破産するために借金するなんて、どう考えてもおかしいですよね。

自己破産すれば、これまでつくった借金はチャラになるかもしれません。

でも、そのために今度は弁護士に新たな借金をすることになるんです。

自己破産して借金から解放されたと思っても、引き続き弁護士にお金を返済し続けなければならない。

もし、そのお金が支払えなくなってしまったら、今度は弁護士から取り立てを受けることになる。

自己破産してもしなくても、結局は借金から逃れられないということなんです。

だったら、自己破産なんてやる意味あるのでしょうか?

自己破産しろとは一言も書かれていない

お金がないから借金を返せない。

お金がないから自己破産もできない。

僕は一体、どうすればいいのか。

最終的に出した結論は、

「自己破産しない、借金も返さない」

です。

自己破産するお金もない、生活していくのに精一杯で借金を返済する余裕も一切ない。

もはや、こうするより他に方法がなかったんですね。

でも、よくよく考えてみると、借金が返せなくなったら自己破産しろという法律もなければ、契約書にも書かれていないわけです。

なのに、なぜ大金を払って、借金までして自己破産をし、自ら身ぐるみ剥がされるようなことをしなければならないのか。

自己破産はまだするな!

自己破産は、一生消せないキズとなって残ります。

そして、この世からあなたがいなくなってもなお、そのキズは未来永劫、子々孫々まで残り続けるのです。

他人バレせずに自己破産できる、などとしている情報サイトや弁護士事務所もありますが、確実にバレないという保証はどこにもない。

というか、その気になって調査されれば絶対にバレます。

以前、「破産者マップ」というサイトが問題になりましたよね。

全国の破産者の情報がGoogleマップ上にピンで表示され、個人名はもちろん事件番号や裁判所の情報までさらされています。

試しに近所を検索してみたら、お隣さんが破産者だった、みたいなツイートもあったり。

破産者からすると、とんでもないサイトですよね。

当然、批判が集中したため、この「破産者マップ」はすぐに閉じられてしまいました。

が、その後すぐに「モンスターマップ」「自己破産・特別清算・再生データベース」という後継サイトが生まれ、2020年8月に閉鎖されるまで約10ヶ月程度も運営されていたんです。

現在は見られなくなっていて、監視も厳しくなっているので同じようなサイトが出てくる可能性は低いとは思います。

が、破産者が記載されている官報はネット上で誰でも見られるようになっているんですね。

もし自己破産の事実が世間にバレてしまった場合、その影響はあなただけでなく、大切な家族にだって及びます。

身辺調査をされ、就職や結婚がダメになってしまったというような話は、枚挙にいとまがありません。

あなたが事業主なら、自己破産して取引先の買掛金などを踏み倒したり、顧客に迷惑をかけたりすることがあれば、事業家としての再出発は前途多難なものになる可能性が極めて高いです。

売上げを踏み倒されたら、マジで恨まれます。

もう同じ場所、業界で商売はできないと思ったほうがいいかもしれません。

武勇伝みたいな感じで軽く考えている人も多いですが、そんなに軽いものではないんです。

周囲に相談すれば、ほとんどの場合、自己破産をすすめてくるでしょう。

でも、一時的な借金の苦しみから逃れたいがために、安易に自己破産などしてはいけない。

自己破産は、もうどうしようもなくなってしまったときの最終手段です。

最終手段なりの覚悟が必要になります。

そもそも、法律にも、返済できなくなったら自己破産せよなんて一言も書いていません。

自己破産などしなくても、借金問題を解決する方法はたくさんあります。

具体的な方法は、以下の記事に詳しく書いてます。

借金4000万円の返済挫折者が明かす…自己破産を回避し名誉・財産・生活を守る方法

どうか、よくよく考えて決断をされてください。

コタロー

ブログでは書けない裏情報を公開中!
この記事を書いた人

4000万円の借金を滞納しつつ生きてるアラフォーリーマンです。任意整理や自己破産してません。住宅ローン払えなくなり家が差し押さえられましたが、今も変わらず住んでます。車も乗ってる、クレカも持ってる、生命保険もかけてる、学費も工面できてる。普通じゃない方法で借金解決を目指してます。

コタローをフォローする
銀行
コタローをフォローする
借金備忘録

コメント