>> 自己破産する前に読んでください!

借金の引き落としができない!当日起こったこと

コタローです。

2018年、桜が咲く季節になるころ、ついにすべての借金の返済をやめました。

もちろん、専門家の指示のもとしっかりと準備をしたうえで、ですが。

この記事では、銀行口座から借金の引き落としができなくなった当日起こったことについてお伝えします。

借金が返せなくなると、どんなことが起こるのか?

これは実際に経験してみないと、真実は絶対に分からない。

はっきり言って、未知の世界です。

もしものときのために、どんなことが起こるのかぜひ知っておいてもらいたいと思います。

引き落とし不能日の当日に起こったこと

引き落とし不能の手始めは、メインバンクの事業用資金の引き落としから。

銀行口座からの引き落とし期限の時間は、営業時間内の午後3時です。

前日はほとんど寝られず、当日もソワソワして仕事が手に付きませんでした。

まあ、いろいろと準備をし、ある程度の心構えはできていると思っていましたが、いざ返済をやめるとなると、やっぱり不安でしたし怖かったですね。

そして…

引き落とし当日の午前11時ごろ、ついにメインバンクから携帯に連絡が。

銀行マン
銀行マン

「お世話になっております。先ほど本日分お支払いの引き落とし手続きをしたのですが、残高不足で引き落としができなかったようなので、念のためご連絡しました。

口座に入金いただけますと自動で引き落としされるようになっていますので、営業時間内にお振込みをお願いします」

当然「お金がないので入金できません」などと言えるわけもないので、

コタロー
コタロー

「あ、本当ですか?すみません。すぐに確認します」

とだけ返答し電話を切る。

ついに、事態は動き始めました……。

もう後戻りはできません!

借金滞納初日は予想外の静けさ

その後、また銀行から電話がかかってくるんじゃないかとドキドキしながら仕事をしていましたが、午後3時を過ぎても再度の連絡はなく。

コタロー
コタロー

「え?こんなものなの?」

てっきり電話がひっきりなしに鳴り入金を催促される、というような事態を想定していた僕は、正直ちょっと拍子抜けしてしまった感じです。

もしかしたら、銀行が家まで取り立てに来るんじゃないか?

そうなった場合の対処法は事前に教えてもらっていましたが、実際にはそんなことは起こらず。

いつも通り家族と一緒に夕飯を食べ、お風呂に入って布団で寝る。

借金を返せなかったという出来事が起こったこと以外、なんらいつもと変わりのない1日でした。

こうして、僕の借金滞納の初日は過ぎていったのです。

借金滞納は思っていたより大したことない?

その後、メインバンクを皮切りに、それ以外の銀行や信金、クレジットカード会社、消費者金融などの返済も軒並み滞納。

引き落とし日は月末に集中しているため、どれもほぼ同じタイミングです。

銀行や信金系は当日確認の電話がかかってきましたが、それ以上追及されることはなかったです。

その他のカード会社や消費者金融などは、電話がかかってくることすらありませんでした。

本やドラマで見たような、それこそ自分の命を差し出してでも、というような切羽詰まった状況とはまるで違う。

コタロー
コタロー

「なんだか、思っていたより大したことないじゃん!」

借金取り立て地獄の開幕

と安心していたのも束の間、月が明けてから怒涛の取り立てラッシュが始まることに。

銀行2社、信金1社、カード会社など貸金業者9社、合計12社の取り立てが一気に押し寄せてくるという状況は、まあなかなかにハードなものです。

まさに、借金取り立て地獄と言ってもいいかもしれません。

といっても、最初のうちだけですけどね。

そのうち慣れてなんとも思わなくなりますし、時間が経てば相手も面倒くさくなるのか、取り立て自体もどんどん少なくなってきます。

この記事執筆時点で2年以上経過していますが、あれだけひっきりなしあった取り立ても、今ではめっきり少なくなりました。

まあ、中には相変わらず結構な取り立てをしてくるところもあったりはしますが。

実際にどんな取り立てをされるのかという詳細については、別カテゴリーにて時系列で随時更新していきます。

借金滞納のリアルストーリーを包み隠さずシェアするので、きっと参考にしてもらえるはずです。

今はまだ準備中ですが、でき次第記事をアップしてリンクしますので楽しみにしておいてください。

コタロー

ブログでは書けない裏情報を公開中!
この記事を書いた人

4000万円の借金を滞納しつつ生きてるアラフォーリーマンです。任意整理や自己破産してません。住宅ローン払えなくなり家が差し押さえられましたが、今も変わらず住んでます。車も乗ってる、クレカも持ってる、生命保険もかけてる、学費も工面できてる。普通じゃない方法で借金解決を目指してます。

コタローをフォローする
借金エピソード
コタローをフォローする
借金備忘録

コメント