>> 自己破産する前に読んでください!

au walletクレジットカード滞納記録:請求&督促の詳細

コタローです。

この記事では、au walletクレジットカード(KDDIフィナンシャルグループ)の滞納記録についてお伝えします。

料金を滞納してからの請求や督促などを時系列で紹介しますので、興味があれば読んでみてください。

au walletクレジットカード滞納記録:請求&督促の詳細

au walletのクレジットカードは、auを契約したときに一緒につくったもので、主に電話料金の引き落としに使っていました。

口座引き落としができなくなった時点で送られてきたのが以下のハガキ。

支払できなかった月の代金は、KDDIフィナンシャルグループの保証会社である三菱UFJニコスが代位弁済していると書かれています。

今、三菱UFJニコスから請求されている金額には、この債権も含まれているということになりますね。

カードご利用代金に関するご連絡

auカードご利用代金に関するご連絡

この通知から少しして、クレジットカードが使えなくなりました。

au walletクレジットカードの利用明細書

ただ、クレジットカードは使えなくなっていますが、カードの利用明細書は変わらず送られてきます。

auwalletクレジットカード請求書1
auwalletクレジットカードご利用明細2

で、お金を支払っていないのに毎月お支払い後の残高が減っていき…

ついにお支払い後の残高がゼロになりました。

auwalletクレジットカードご利用明細3

そして、残高が0になった時点で、ご利用明細書の郵送も終わりました。

au walletクレジットカード滞納記録まとめ

au walletクレジットカード(KDDIフィナンシャルグループ)の滞納記録をまとめてみましたが、いかがだったでしょうか。

これ以後、au walletクレジットカードからの通知は届いていません。

なお、よく見ると、明細書には「口座振替業務は三菱UFJニコスに委託している」と書かれています。

債権回収について特段の通知も届いていないので、取り立てに関しても三菱UFJニコスがおこなっているみたいですね。

どうやら、au walletクレジットカードに関しては、これ以上の動きはなさそうです。

取り立て自体は三菱UFJニコスがおこなっていることになっているので、進捗は三菱UFJニコスのパートでご確認ください。

≫ 三菱UFJニコスの取り立て:滞納〜カード停止〜弁護士事務所委任などの流れまとめ

ちなみに、料金の滞納によりこのクレジットカードは使えなくなりましたが、決済カードを変更したのでauの携帯電話自体は今も変わらず使えています。

コタロー

ブログでは書けない裏情報を公開中!
この記事を書いた人

4000万円の借金を滞納しつつ生きてるアラフォーリーマンです。任意整理や自己破産してません。住宅ローン払えなくなり家が差し押さえられましたが、今も変わらず住んでます。車も乗ってる、クレカも持ってる、生命保険もかけてる、学費も工面できてる。普通じゃない方法で借金解決を目指してます。

コタローをフォローする
au walletクレジットカード
コタローをフォローする
借金備忘録

コメント