>> 自己破産する前に読んでください!

僕が借金を返さない3つの理由

コタローです。

この記事では、僕が4000万円の借金を返さない理由についてお伝えします。

「借りたものを返さないなんて非常識だ!仁義にもとる!」という声が聞こえてきそうですが、まずは記事を読んでみてください。

納得してもらえるかどうかは別にして、その理由はおわかりいただけると思います。

僕が借金を返さない3つの理由

自己紹介や他の記事でもお伝えしていますが、僕は借金返済ができなくなって以来、1円もお金を返していません。

今後ビジネスで大成功したら、耳をそろえてたたき返してやろうと思っています。

なぜ僕は、借りたお金を返さないのか?

その理由は、

  • お金の優先順位の見直し
  • ビジネス上の契約問題
  • 契約と法律を順守

大きく分けて、この3つです。

一つひとつの項目を詳細に解説すると記事が長くなってしまうので、この記事を読み進めるうえでの前提として、ここではごく簡単にその根拠だけをお伝えします。

より詳しい内容は、別記事で解説しますね。

では、順番に説明していきます。

1.お金の優先順位見直し

僕が「返済がヤバい」と気づいたときには、すでに毎月の返済額が数十万円にまで膨れ上がっていました。

完全なる自転車操業で、少しでも予定が狂えば即アウト、と言う状況でした。

このままではどう考えても生活自体が成り立たない、というところまで追いつめられていたのです。

まあ、毎月の売り上げも大したことないのに月数十万円というお金を返していたら、そりゃ資金ショートして当たり前…。

でも、当時は借金を返すのに必死で、そんなことすら気づかなかったんですね。

お金を返すためにお金を借りる、そんなことを繰り返していました。

このような非常事態に直面し、まずおこなったのが「お金の優先順位の見直し」です。

最小限のダメージでこの苦境を乗り越えるために、限られた資金をどう使っていけばいいのか。

僕のこれまでのお金の優先順位は、借金の返済がダントツの1位でした。

  1. 借金の返済
  2. 仕事の取引先
  3. 税金
  4. 家族

というような感じです。

僕のお金の最優先事項は、なにを置いても、まず借金を返すこと。

借金を返すために、

  • 取引先の入金を待ってもらったり
  • 家族の衣食住をガマンさせたり
  • 税金を滞納したり…

というようなことを、当たり前のようにやっていました。

当時は借金を返せなくなるとすべてが終わり、みたいに思っていたので、お金を返すことにとにかく必死になっていたんですね。

で、これを自分の人生ベースで改めて冷静に見直したところ、借金返済の優先順位が一番最後だった、ということなんです。

日本国民の3大義務の一つ、「納税」を後回しにしてまで借金を返すなんて、日本国民としてあるまじき行為というか、完全に借金に振り回されていたと言わざるを得ませんね。

ちなみに、

もし自己破産しても、借金はチャラになりますが税金はチャラにならないので、絶対に払わないといけません。

取引先への支払期日を守らない、というのも事業主としては最もやってはいけないことの一つです。

これ、自分がやられると分かると思うのですが、完全に信用を失いますから。

今考えると、よくこんなことやっていて商売が続けられたなぁ、って思います。

取引先の方々が寛大だったというのもあるでしょうが、取引先の信用を失って仕事がなくなってしまえば、その時点でジエンドですからね。

仕事がなくなれば、収入もなくなってしまうのですから、取引先の優先順位は当然高くなければならないわけです。

借金を返せず融資が受けられなくなっても、取引先の信用と仕事さえあれば、事業は継続できるし何とかなるものなんですよね。

そして、僕の場合、家族や自分の生活は一番後回しでした。

借金を返済し、取引先に入金し、国民保険や年金のほか税金関係を支払って残ったなけなしのキャッシュから、毎月の生活費を捻出していたんです。

いえ、正直に言うと、年金や税金が払えなくて滞納していたときもあります。

酒やたばこ、趣味はもちろん、服やおもちゃなど、生活に必要ないものには一切お金を使わず、外食もほとんどしない。

食材も安くて量の多いものや特売、半額のものばかり買い、ときには3食素うどんのみ、ご飯とふりかけだけでお腹を満たす、というような育ちざかりの子供たちには完全に栄養不足であろう、ひもじく味気のない食生活。

お金がないので、教育にも満足にお金をかけられない。

借金のしわ寄せで家族に極度のガマンを強いらなければならず、日本国憲法で定められている健康で文化的な最低限度の生活とはおよそ呼べないような生活を送っていました。

一家の主として、家族にはちゃんとした生活をさせてやらなければならない義務がある。

兄弟もおらず、親との仲も良くなかった僕にとって、家族はなにものにも代えがたい唯一無二の存在です。

これらを通して、僕はお金の使い方を根本から間違っていたのだということに気づきました。

ということで、改めてお金の優先順位を考えた結果、取引先の請求、税金の支払い、大切な家族が健康で文化的な生活を送るための生活費、これらを優先的に支払ったうえで、残ったお金を借金の返済に充てることにしたのです。

2.ビジネス上の契約問題

これについても別の記事で詳しく解説したいと思いますが、簡単に言うと、つまるところ「貸金業はビジネスだ」ということです。

金融機関や貸金業者は、ビジネスとしてお金を貸しています。

お金を貸して利息で儲けるビジネスモデルであり、情や付き合いでお金を貸しているわけではないのです。

お金を借りるときには、事業なら事業内容や売上げ、取引先、実績や将来性などが。

個人なら、仕事や収入、家族構成、支払い履歴や借り入れ状況などがそれぞれしっかり審査され、その結果をもとに融資をするかしないかが判断されます。

僕たちにお金を貸すことで、自分たちは利益を得られるのか。

そこに個人的な感情が入り込む余地はなく、判断材料はあくまでも目に見えている現実の数字です。

その証拠に、銀行や貸金業者の言われるがまま、根掘り葉掘り書かされ色んな書類も用意させられますよね?

必要なものをきっちりと審査し、儲けられると判断したうえで融資するのだから、もしその判断が誤ったもので思惑どおり儲けられなかったとしても、それは融資した側の責任だ、ということが言えるわけです。

そういう意味では、融資は投資と本質的には同じだと言えます。

儲かりそうな会社の株を買い、うまくいけば配当を得られる反面、失敗すれば配当が得られないどころか投下した資金すら回収できないこともある。

どうでしょう、本質的には投資となんら変わらないと思いませんか?

もちろん、契約を履行できなかった借り手にも落ち度はあります。

ですが、それを見極められなかった貸し手にも落ち度はある。

法律の解釈も、そのようになっています。

だから、契約通りに借金が返せなくなったからといって、必要以上に思い悩むことはありません。

銀行や貸金業は、あくまでも利益を目的としたビジネスであり、ビジネスである以上、こちらもそのようなスタンスでビジネスライクに対処していきましょう、ということです。

ちなみに、「融資は投資」というのは、僕の恩人である専門家先生が言っていた言葉の受け売りです。

3.契約と法律を順守

繰り返しになりますが、僕は借金の返済をストップしてから現時点で1円もお金を返していません。

任意整理や自己破産もしていません。

でも、これは契約や法律に違反しているわけではないです。

むしろそれらをちゃんと順守したうえで借金問題に対処しています。

僕が受けた銀行からの融資には、土地と建物に抵当権が設定されており、もし借金が払えなくなれば、それらを換金して支払いに充てる、という契約です。

その他、貸金業者に関しても、債権回収のために財産を差し押さえて売却する、というような契約となっています。

そして、今まさに、その契約にのっとって債権回収がおこなわれているところです。

契約書には、返済ができなくなったら任意整理をしろとか自己破産をしろ、などとは一言も書かれていませんし、借金のカタに命を差し出せ、とも書かれていません。

また、日本は法治国家です。

いかなる人といえども、法律は順守しなければなりませんし、法律を犯せば罪となり罰を受ける。

僕は、犯罪者にはなりたくないので、きちんと法律は守ります。

日本には、借りたお金が返せないことを取り締まる法律はありません。

契約違反は法律違反でもありません。

契約通りに借金を返済できなくても、それは法律違反ではないですし、任意整理や自己破産しなさい、というルールも法律もありません。

法律違反でない以上、罪に問われることも、逮捕されることもない。

債権者が起こす裁判も、あくまで民事事件の裁判なので、負けたとしても(というか100%負けますが)借りたお金を返しなさいって言われるだけで、刑事事件のように強制的に捜査されたり逮捕されたり、ということはあり得ないわけです。

もちろん、返済する気もないのに銀行を欺いて融資を引き出したりするのは犯罪ですが、正当な審査を経たうえで受けた融資であれば、それが何らかの理由で返済できなくなったとしても、罪に問われることはありません。

ビジネスが計画通りにいかない、不況や災害などが原因で回らなくなるというのは実際によくあることです。

ここのところのコロナ関連に伴う業績悪化や倒産が、その最たるものでしょう。

健康で文化的な最低限度の生活を営むために、借金を返す余裕が、今はない。

返せるなら返したいと思ってはいるが、ないものは返せない。

いつか、ビジネスが大成功して、借金を返す余裕ができたら、そのときは利息を含め耳をそろえてたたき返してやりたいと思っています。

借金の時効までに間に合えば、ですけど。

僕は、日本国憲法にのっとり、自分と自分の大切な人を守るため、あくまでも契約と法律を順守したうえで、借金問題の解決に取り組んでいます。

あと、余談ですが、ビジネスではなく個人的な感情のともなう借金については、なにをおいても優先度MAXで返しましょう。

親などの親類や、友人知人などが「あなただから」と貸してくれたようなお金です。

ビジネス上の貸し借りは契約や法律にのっとって事を進めていけばいいですが、個人的なものは違います。

人間は、感情の生き物です。

わずかな感情のかけ違いが、取り返しのつかないことに発展してしまうかもしれません。

“カイジ”というお金をテーマにした人気漫画に、「金は命より重い」という言葉が出てきます。

これは、ある意味正しいです。

ニュースを見ていても、ほぼ毎日と言っていいくらい、個人的なお金の貸し借りに関するトラブルや事件が起きていますよね。

その発端となるのは、感情の暴走です。

感情が暴走してしまった人間に「法律では~」などという悠長な話は通用しない。

お金に困って、ある日突然「貸していたお金を今すぐ返してくれ」と迫られるのはよくあることです。

お金の貸し借りというのは、ときに善意の人間を暴走させることもあるほどの重い行為だということを忘れてはならないのです。

余計なトラブルを招かないためにも、善意でお金を貸してくれている人たちには、その恩義に報いるべく最優先で返済していくことを全力でオススメします。

なお、ビジネス上の貸し借りについては、貸金業法や商法をはじめとする民法により、債権者の取り立て行為は制限されています。

僕たち債務者は、債権者から生活をおびやかされないよう法律で守られているのです。

なので、商売でお金を貸している債権者の取り立てについては、法律にもとづいて堂々と対処すればいい。

まあ実際は、法律違反にあたる取り立ても普通におこなわれていますから、もしそういうことがあった場合は、ちゃんと指摘してあげることも必要ですね。

やっている本人が分かっていない、ということもありますので。

僕が借金を返さない3つの理由:まとめ

僕が借金を返さない3つの理由についてお伝えしてきましたが、いかがだったでしょうか。

正直、理解できないとか納得できないという部分も少なからずあったと思います。

でも、それは当然です。

僕もこの話を家族や親しい人にしたとき、最初は受け入れられませんでしたし、すべての人に受け入れてもらえるとは毛頭思っていません。

共感や賛同していただける人たちにだけ理解してもらえれば、それでいいです。

借金はきれいごとだけでは解決しません。

大切なものを守るためには、なりふり構わずやることです。

少しでもあなたのお役に立てれば幸いです。

コタロー

ブログでは書けない裏情報を公開中!
この記事を書いた人

4000万円の借金を滞納しつつ生きてるアラフォーリーマンです。任意整理や自己破産してません。住宅ローン払えなくなり家が差し押さえられましたが、今も変わらず住んでます。車も乗ってる、クレカも持ってる、生命保険もかけてる、学費も工面できてる。普通じゃない方法で借金解決を目指してます。

コタローをフォローする
借金豆知識
コタローをフォローする
借金備忘録

コメント